さくらVPSバッドプラクティス

たくさん使っているので、悪いとこ、いいとこ知っています。

さくらVPSのヘビーユーザーです。 なんでもかんでもVPSで作ってしまうくせがあります。 「それHerokuでいいじゃん」何度言われたことか。 それは置いといて、早速バッドプラクティスを紹介。

やけにWebサイトが遅い。

こんなことありませんか。 apaheで運用していたサイトをngnixに移行して、サイトがなぜかすごく遅くなった。 本当は早くなるはずなのに。。設定も特に問題ないのに。どうして?

答えは簡単です。 「2週間の無料お試し」を解約して、本契約しましょう。

この2週間の無料お試しは厄介な問題を抱えており、 この件に関しては、 機能制限の「サーバー転送帯域を2Mbpsに制限」この部分が悪さをしているようです。 プライベートで契約しているConohaVPSで同様のWebアプリをプロビジョニングして試したのですが、 こちらは問題ない速度が出ており、まさかとおもって、2週間の無料お試しの制限を確認したら判明した事象です。

正直、お試しいらんから、勝手に制限かけるなってかんじですね。 これの調査で半日くらい無駄にした気がします。

設定がうまく言っているはずなのにpostfixやsendmailでメールが送信できない。

えー、これも無料お試しの制限です。

最後に一言

すぐに課金していいので、 解除するのも面倒なんで無料お試しつけないでください。よろしくお願いします。