僕がフロントエンドエンジニアになれないと思った理由

普段はサーバーサイドばっかりやってるんですけど、 最近ひょんなことからフロントエンドのコードを少しずつ触り始めています。(書いているとは言ってない) でもやっぱり触ってて向いていないなぁって思ったのでその理由を書いておきます。

凝ったアニメーションに対しての情熱がない

自らすすんで、 パララックスを入れたいんや!とか XXXをフワフワさせる動きを実装してかっこよくするやで!

みたいな意欲が殆ど無い。僕が何か作ったところで見事に動きの殆ど無い貧相なサイトに仕上がっている。

どういったわけか、必要最低限の動き以外は全く実装したいとは思いません。 言語仕様とかどうこうよりかは、こういった部分がデカイのかと思っています。

例えばこういうjQueryのプラグイン。 http://git.blivesta.com/animsition/

こういうのを見ると「普通のjQueryのフェードとかでいいじゃん。」って思ってしまう。

このプラグインが悪いとかこういったアニメーションの類が悪いとかそういう話じゃない。

デザイナーさんとかに「こういう動きをおねがい!」って言われてからやるタイプ。

向いている人はこういうアニメーションとかこういった類のものが好きで、 意欲的に自分のサイトにどんどん取り入れていったり、自分でライブラリを書いたりするのかなぁと思ったりします。

でも自動化とかが大好きなので、 gruntとかgulpはまだそこまで触っていませんが、好きかもしれません。

ともかく、どう転んでもフロントエンドエンジニアにはなれそうにない

別にJSを書いたりするのは嫌じゃないし、楽しいとは思う。

ただ、上記のことからフロントエンドエンジニアを名乗るまでのスキルを持つのは一生ムリだろうなぁと思っている。 でもまだまだjQueryしか触っておらず、JavaScriptをちゃんと触っているとは言い難いのでこう思うだけかもしれません。 ひとまず、最低限書ければいいのかと思っています。

なので、やってくれる人が現れれば、フロントエンドの仕事はその人に投げたほうがよりよいサービスやWebページが生まれると確信はしています。