酔った勢いでマネージメントに必要なものを考えてみた。

人にあった管理方法が必要

なのかなという結論に至ったような気がする。 開発フローなんかはひとつに絞って、 これでやりましょう。という仕組みのほうがもちろんいいんだけど、 人を管理する場合はそうはいかない。

例えば、締め切りが迫っていて、熟考している時に、 「進捗どうですか」って聞いたところで正しい答えは返ってこないだろうし、 聞かれた人によってはモチベーションが下がって、余計に進捗が悪くなってしまうことも考えられる。

人それぞれに対応方法が違うので、そこは経験しながら、 その人をよく知って、それぞれに対するベストプラクティスを施していけばいいと思う。

マネージメントできない人をマネージメントする仕事論

いいかたは悪いけど、締め切りとかをちゃんと管理できてない人をまとめて管理していくような役割になるから、 ちゃんと自分で進捗の管理ができて、報告ができている人は基本的には放置でいいって思ってる。 出来る人にはどんどんタスクを振っていって、できない人にはどうやったらできるのかを、その人と一緒になって考えていく。 ていうのが組織のあるべき姿みたいな気がする。

マネージャーはなんでもやる

もちろんそれでうまくいかないケースが多いからマネージメントって必要なんだと思うけど、 それでうまくいってればマネージメントはしなくていい。 あとは、色々管理するとか、マネージメントって言葉より、チームやプロジェクトがちゃんと稼働できるように、 障害を見つけて適切なアサインを行う。 もしくは、障害を取り除いていくためになんでもやる。って言葉のほうがふさわしい気がする。 ただ偉そうに「アジェンダ云々…そのプロジェクトのモディファイがどうこう…..」って 威張っているやつがマネージャとは思わない。 一番泥臭い仕事や面倒な仕事を黙々とやるのがマネージャーなのかもしれない。